Crossy Road (クロッシーロード) 大人気の謎

SG Labs 製作の懐かしくも新しいブロック崩し「ぶろくず おるたなてぃぶ!」(Android/iOS)、こっそり配信中!

突然ですが、「Crossy Road (クロッシーロード)」というゲームをご存知ですか?

オーストラリア発のスマートフォンゲームなのですが、なんとこのゲーム、たった 3 人で開発して 1 億ダウンロードを突破、10 億円以上の収益をあげているモノスゴイゲームなんです。

SG Labs も小チーム構成なこともありまして、今回は、少人数チームで大人気ゲームを作るヒントを知るべく「Crossy Road」の秘密に迫りたいと思います。

Crossy Road って何?(*1)

img-start

 

  • Hipster Whale (ヒップスターホエール)というオーストラリアの独立系ゲーム会社が開発したスマートフォンゲーム
    (「Crossy Road」公式日本語ページはコチラ
  • タップとフリックの操作で、障害物をひたすら避けて進んでいくアクションゲーム。
  • F2P(Free to play) でアプリ内課金あり。
  • プラットフォームは iOS (リリース:2014/11/20)と Android (リリース:2015/01/07)。
  • iOS / Android 合わせて 1 億ダウンロード以上。
    • 初週で 100 万ダウンロード。
    • 3 ヶ月で 5,000 万ダウンロード、収益 12 億円。
    • 1DL あたりで 24 円。超高収益!ちなみに広告収入だけで1億円/月。
  • ピーク時は DAU(Daily Access User) 600 万(1 日あたり 600 万人が遊んでいる)。

 ココがすごい!

  • 作ったのはわずか 2 人のゲーム開発者+グラフィッカー 1 人。
    (6 週間で制作。1 日 16 時間働いていた日もあったとか。)
  • 広告費 0。クチコミと自然流入のみ(*2)。
    Apple にフィーチャーされたり、有名 YouTuber にたまたま目をつけられたりで人気に火がつく。あとはゲームの地力で広がる。
  • お金儲けではなく人気のゲームを作るのがゴール。
    射幸心を追求するようなスタイルではなく、本当にハマっちゃう”ゲーム”プレイを作る。
  • 当初マネタイズは深く考慮していなかった(!)
  • 以下の 3 つを完璧に仕上げる(これの追求に半分の時間費やした)。

    1. リテンション [何度も遊ばせる]
    2. バイラル性 [ソーシャルで拡散させる]
    3. エンゲージメントループ [どんどん深みにはまる]

    「【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー | インサイド」より)

  • それ以外のことは「再発明」。

…と、簡単な紹介ではありますが、ともかく Crossy Road が
少人数・低コスト・短期間の開発で面白さと高収益を実現したすごいゲーム
であることはおわかりいただけたかと思います。

人気を生み出す 3 条件

それではここからはもっと具体的に、世界的人気に結びついた Crossy Road の特性を見ていきましょう。
上記紹介の最後に挙げた、開発者がとても重要視したという「リテンション」「バイラル性」「エンゲージメントループ」の 3 条件に基づいて Crossy Road の特性を分類しながら、人気の秘密を探りたいと思います。

リテンション [何度も遊ばせる]

リテンション「ゲームアプリ業界で注目される『リテンションマーケティング』、その効果は? (1/2):MarkeZine(マーケジン)」より)

リテンション(Retention)とは、維持・保持といった意味合いの言葉。「リテンションマーケティング」は、既存顧客との関係を維持していくためのマーケティング活動全般を指します。

単純明快

  • 基本一本道のコースをほぼタップだけで進む。フリック操作での移動もあるが、たまに使う程度で操作できる。
    タップのみだと飽きるし、タップ・フリックどちらもだと忙しすぎる、バランスが絶妙。
  • 言葉の壁がない。チュートリアルやメニューにおいて文がほとんどなく、一目見てわかる仕様になっている。
  • チュートリアルから自然と本編へ入るようなシームレスな設計。メニューであっちを選び、こっちを選び…という操作もない。ゲーム内容と同様こちらも一本道。

ストレスフリーな操作性

  • するする動く。引っかかりのない自然な動き。
  • 理不尽な設定はなく、失敗は自分のミス。
  • 効果音がいい。操作感にマッチしつつ耳にうるさくない音。
  • ミスしてからリスタートまでがすぐ。
  • 誤爆しづらい。ポーズ解除やフォアグラウンドに戻ったとき、一時停止状態から、3秒のカウントダウンの後、自動で再開する。
  • ダイアログが出ないので邪魔される感じがない。(End Screen Banner System(*2))
  • レビューお願いのタイミングがだいぶ後で出る。それもハイスコアたたき出したときなど。
    気分が盛り上がってるときにお願いされると、悪くない気がする。

広告の出し方がうまい

  • 広告に対して不快感を感じづらいしくみ。
  • たまに、「動画広告見るとコインゲット!」ボタンが出て、ボタンを押すと動画広告が表示される。ボタンは押さなくてもよく、見たくなければ無視してそのままスタートボタンをポチッできる。(ダイアログではないので、動画広告ボタン画面を閉じる必要なし)(*3)
  • ちなみに動画広告は 15 秒。
  • 見終わるとコイン 20 個ゲット。 20 個は結構なお得感。(コイン 100 個でキャラクターのガチャができる)
  • なので、また押そうかなという気分になるが、たまにしか出ない、ので出たときついつい押してしまう。

img-earn-c

▲「EARN (c)」のボタンを押すと動画が始まりコインをゲットできる。そのままプレイボタンを押してもOK。

ギフトのしくみがうまい

  • ギフトゲットのタイミングがうまい。

    • 初回プレイのゲームオーバー時にコイン 100 個もらえる。
    • 初回ギフトから 3 分後にまたコインがもらえる。
    • さらにその 6 分後、さらに 30 分後、とコインがもらえる。

    という具合に、焦らしつつも長すぎず頻繁すぎずの間隔でギフトがもらえる。
    (ちょっと遊べば 3 分なんてすぐ。前のめりに遊べば 6 分なんてすぐ。一心不乱に遊べば 30 分なんてすぐ!)

  • 一度に100個以上もらえることも。大盤振る舞いではないけれど、キャラクタ 1 体分のコイン(後述)が一度にもらえるお得感。
  • ギフトのタイミングと内容の絶妙さがついついゲームを続けさせる。「もう少し遊ぼうかな」という動機付けになっている。
    →エンゲージメントループ要素でもあるかも。

バイラル性 [ソーシャルで拡散させる]

バイラル・マーケティング「バイラル・マーケティング – Wikipedia」より)

口コミを利用し、低コストで顧客の獲得を図るマーケティング手法。情報の広まり方がウイルスの感染に似ることから、「ウイルス性の」という意味の「バイラル」の名を冠する。

SNS との親和性(*1)

  • ポラロイド機能
    • ゲームオーバーになった瞬間のスクリーンショットを、まさにゲームの中で写真撮影したかのような構図で、綺麗に、自動的に撮ってくれ、そのまま SNS にシェアできる機能。スクリーンショットの際には「カシャッ」とカメラで撮られたエフェクトが出る。
    • プレイヤーが自分で撮るには難しいタイミングで、またプレイ画面とは異なる角度からの面白いスクリーンショットを撮ってくれるのでシェアしたくなる。
  • キャラクタが話題
    • 新しいキャラクタ、特に隠れキャラが追加されると、SNS で話題になる。広まる。
      ちなみに、ゲームの構成をアップデートしやすいように設計されており、キャラクタを追加するのは簡単とのこと。

img-polaroid-combine

▲ポラロイド機能で撮影されたゲームオーバー時のスクリーンショット。ユーザーでは撮影が難しい角度&タイミングで撮ってくれる。

エンゲージメントループ [どんどん深みにはまる]

エンゲージメントループ (「ゲーミフィケーション(4)~ゲームデザイン – PMstyle」より)

モチベーションに基づいてユーザーが行動し、それに対してフィードバックが行われ、そのフィードバックによってユーザーはさらにアクションを起こすというのが基本構造。

中毒性

  • 1ゲーム数秒で終わるかもしれないし、延々と続けられるかもしれない、という中毒性の高いゲームプレイ。
     

たくさんの魅力的なキャラクタ

  • 100 体以上のキャラクタ。
  • どのキャラクタも $0.99(100 円) で確実にもらえる。
  • コイン 100 個でガチャができ、キャラ1個ランダムでゲット。そのコイン 100 個は、初回プレイでいきなり無料ギフトとしてもらえる!
  • 鳴き声とかリアクションが違う。
    ⇔レアリティの差、性能差はない(!)(*2)
  • キャラクタによってステージの雰囲気が変わる。
    # 砂漠になったり、レトロ調になったり。
  • 隠れキャラクタは特定の操作(横歩きしまくる等)をするとゲットできる。
    つまり、お金をかけた人ではなく、いろんなやり方でゲームを楽しんだ人がゲットできる!
  • 課金限定キャラあり。コインを集めやすくなる色んな特典がある。(*1)

 キャラクター

▲ゲットしたキャラクターの画像はこんな風に保存できます。これは情緒不安定なガチョウ(*1)。

いかがでしょうか。
「完璧に仕上げた」という開発者の言葉の通り、リテンション・バイラル性・エンゲージメントループの3つの条件を満遍なく、しかもいろんな形で満たしていますよね。
これほどまでのこだわりが、Crossy Road の人気を実現しているわけです。

F2P の革新はこれから

開発者達は、F2P の世界はまだ開拓が終わっておらず、もっと多くの革新がもたらせることを期待している、と呼びかけたそうです。(*2)

少人数、低コスト、短期間で世界的人気のスマホゲームが作れることを目の当たりにした今、SG Labs としても積極的に人気アプリの開発を目指していきたい所存です。

というわけでまずは「ぶろくず おるたなてぃぶ!」、Crossy Road にはまだ届きませんが、より面白く! よりプレイしやすく! 日々アップデート中ですので、みなさんぜひ遊んでみてくださいね。(ちゃっかり宣伝)

おまけ

2015 年 8 月 20 日(木)にスマートフォンアプリ『PAC-MAN 256』( iOS / Android )の配信が開始されました。
このゲーム、BANDAI NAMCO Studios Vancouver (バンダイナムコスタジオ・バンクーバー)と Crossy Road の Hipster Whale (ヒップスターホエール)による共同開発なんです。(*4)

そしてなんとこちらも国内ダウンロードランキングトップ(App Annie 調べ)を獲得する人気ぶりとか! パックマンのコンテンツ力があるとはいえ、恐るべしHipster Whale…! です。
新しいゲーム会社を設立することも発表しているとのことで(*5)、まだまだ彼らの快進撃は止まらなさそう。
その勢い、見習いたいです。


*参照元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
*